女性のアンダーヘアお手入れ術

1.女性ならではのアンダーヘアのデザイン

アンダーヘアをデザインできることは女性ならではのおしゃれですね。でも、セルフケアの場合にはお手入れの手間が大変で生えっぱなしになることも。
アンダーヘアは人により元々の形や毛の太さや柔らかさに個性があるものです。
元々のデザインから新たにアンダーヘアを作る場合には、個性を生かしたデザインにすることでより簡単にお手入れができます。

2.女性のアンダーヘアの種類
逆三角
女性のトライアングルの部分の毛の質が硬く、直毛やちぢれた毛の場合には逆三角形のアンダーデザインがおすすめです。
ビキニ姿に沿ったデザインが逆三角形の特徴でもあります。Tバックやビキニでも下着からはみ出すことが少ないデザインです。
卵形もしくは縦長長方形
アンダーヘアの硬さに柔軟性があり毛質が下肢へと生えるタイプは、卵形や長方形のデザインにまとめやすくなります。
より自然な仕上がりを求める場合には、多少は幅を広げてカットします。極端に幅の狭いデザインは、アンダーヘアのお手入れに念入りなアピールとして有効です。

3.女性のアンダーヘアのカット方法
自宅でのアンダーヘアのお手入れは、カミソリや電気シェーバーなど道具を一通りに揃えます。今自宅でできるアンダーヘアのカットにはヒートカッターが最も人気です。
ヒートカッターの使いやすさは、毛先の長さをカットすることに利点が効きます。
原始的な方法では、線香の次の世代バージョンというポジションです。
購入価格は、3000円程度とコスパはいいのでお勧めです。

4.アンダーヘアのケアとvラインの黒ずみ
アンダーヘアを目指す形にカットした後、黒ずみに気がつくことはありませんか?
これは目立つようになったという方が適切ですが、せっかくアンダーヘアを整えても黒ずみが目立てば美しくありません。
赤ちゃんの時にはなかった黒ずみは、加齢とともに目立つようになります。
これは、下着や衣類が肌との間の摩擦でおこるもの、水着を着た時の紫外線が原因によるものなど原因は複数考えられます。
でも下着の擦れを予防したり、きつめのジーンズをやめてたりというちょっとした工夫でなくすこともできます。

5.アンダーヘアの黒ずみ
アンダーヘアを全て沿ったあとの皮膚の色が変化していることがありませんか?
赤みを帯びた黒褐色は性病の影響や皮膚の摩擦など原因は多数です。
アンダーヘアをピンセットで抜いていると、外陰部の皮膚が引っ張られて引きつった様になることもあります。
肌に合わない洗浄成分や入浴剤は使用年数が長いと色素沈着の原因にもなります。なるべく肌に優しい洗浄成分が強くないものを選ぶ様にしましょう。

6.まとめ
特に大事な場所であるアンダーヘアのお手入れは、皮膚の刺激性をみて行うことが大切です。カミソリやソープでも赤く腫れあがるデリケートな肌質の場合は、ヒートカッターで毛だけを短くカットする工夫も必要になります。自分の肌に合うものを選んで処理すれば、安全なケアができそうですね。