夏場のビキニラインのスキンケア

多くの女性にとって、ビキニラインのにおいは、悩みですよね。生理中のにおいはもちろん、長期的に悩みやすいのは、特に汗をかきやすい夏場だと思います。 特に最近は猛暑を通り越して酷暑といわれる、本当に暑く、そして湿度も高いので、常に下着に覆われているデリケートゾーンはじめじめにおいもこもりやすく なります。夏場のデリケートゾーンのにおい予防について考えてみましょう。

ビキニ

まず、生理の間はナプキンをつけると思いますが、生理でないときやおりものが多 くない時期にも、パンティライナーや布ナプキンなどを使用すると良いでしょう。量の大小はおりものや汗などで、知らず知らず汚れています。下着をこまめに かえればよいのですが、なかなかそうもいきませんよね。

一方、パンティライナーや布ナプキンは、外出先でも手軽に交換をすることができるので、こまめに清 潔を保つことができるのです。また、汗やおりものが気になるときには、トイレのウォッシュレット(ビデ)を使うとさっぱっりと清潔を保てますが、膣内や入 口付近の必要な菌まで流してしまうこともあるので、長く洗いすぎたりこまめに洗いすぎるのは、おすすめできません。また、入浴時は、デリケートゾーンはボ ディソープをたっぷりつけてごしごしこするのではなく、低刺激の泡を乗せてさっと手で洗い流すくらいが良いようです。

ケアの後は保水と保湿

エステの広告では脱毛コースが人気ですね。
特に人気なのが脇脱毛や腕、脚脱毛だと思います。

しかしながら、気になっている人が多いのがビキニラインの脱毛ではないかなと思います。
実際ビキニラインコースも設定している所がありますが、
いざ施術する時のことを想像すると、なかなか行く勇気が出ない部分でもありますね。

そんなわけでご自宅でお手入れをされている方も多いかと思います。
私自身は下着をつけた時に服のラインから見える所については専用のシェーバーを使ってお手入れしています。
肌に直接触れることがないので、痛めることもありません。

また、お手入れをするにあたって
肌荒れしやすい部分であるとも思うのですがそれについては顔や手足と同じように、
化粧水と乳液でお手入れをしています。

水着を着る時には脱毛する方も多いかと思います。
ワックスを使ってお手入れをしたり、
見える部分は毛抜きを使ってお手入れするのが一般的かと思います。

脱毛の時は毛抜きを使ってなるべく地肌を引っ張らないように行いますが、
この場合もその後のケアはしっかりと、特に保水と保湿に気を使っています。
あまり過剰に保湿しすぎると蒸れたりして匂いの原因にもなりますので、
カサカサしない程度にしっとりしたらやめておくのが良いかなと思っています。

すこし痛みを感じますが、ちゃんと効果がでます。

私はミュゼプラチム出雲ゆめタウン店で、全身脱毛を契約しました。VIOライン脇も入っています。最初はワキ、脚腕だけだったのですが、サロンの方から今 はVラインも手入れしている人がほとんどと聞き、私もVIOラインを受けておこうと思い、全身をお願いしました。

施術は個室ですが簡易的な、壁だけで区切 られた個室で、隣の人の声や機械の音が丸聞こえです。スタッフの方はすごく丁寧で笑顔で接して下さるのでとても安心します。冷たいジェルをして、レーザー を当てて、ジェルを拭き取り冷たいタオルをかけ、クリームを塗るという流れです。この冷たいジェルを、した後に冷たいタオルをかけられるのが人によっては すこし辛いかもしれません。

私は全身だったので、秋頃にやってもらった時はかなり寒くて大変でした。スタッフの方も寒いですよね、ごめんなさいね、と声を かけてくださいました。全身脱毛は、大して痛くありません。レーザーを当てる際、ピリッという感じでレーザーを照射してるなーくらいしか思いませんが、ワ キ、Vラインは毛が太いので、最初はかなり痛みを感じました。また施術前には、VIOラインも自己処理をしないといけませんので、うすくなるまではチクチ クします。2回ほど受けてからだんだんとうすくなってきたという実感が湧きました。